福祉の勉強を全くしたことのない方でも、問題を解きながら知識を深めていくことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 福祉力検定3級を受検された感想を教えてください。

学生時代も福祉とは関係のない学科だったため、これまで福祉の勉強をきちんとしたことが全くありませんでした。この検定は福祉の仕事を始めて2年目に受けましたが、業務を通じて知っていた内容もあり、仕事をしながらでも成長している自分を実感した部分もありました。しかしその反面、知らない事も沢山あったため、改めて学ぶとても良い機会になりました。

2. 福祉力検定3級合格のための学習方法を教えてください。

勉強方法について工夫されたことはどのようなことですか?

問題集を繰り返し解きました。問題集には解説もついているので、きちんと読み込むことで、理解が深まり知識の定着につながったと思います。

どのくらい期間勉強されましたか?

1週間程、毎日仕事の後に勉強しました。

3. 福祉力検定3級を取って良かったことはどのようなことですか?

福祉の仕事をしながら漠然と不安を感じることがありましたが、今回きちんと学ぶ機会を作ることができ、自信につながりました。また、社会福祉士や精神保健福祉士などの資格を取得するには専門学校に通わなければならないなど、金銭的にも時間的にもハードルの高いものばかりでなかなか難しいですが、福祉力検定は比較的手軽に受けることができたことも良かったです。

4. 身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

現在、障害者への就労支援を行っていますが、支援をしていると利用者様だけでなくそのご家族などとも関わらせていただく機会があり、就労支援以外の分野の知識もある程度必要だなと感じることがあります。今回学んだことをそういった機会に活かしたいと思います。また、利用者様との関わり方についても改めて見直す機会になり、今後の支援に活かしていきたいと思います。

5. これから受検する方へのメッセージをお願いします。

問題集を繰り返し解くことが大切だと思います。また、福祉の勉強を全くしたことのない方でも、わかりやすい解説がついていますので、問題を解きながら知識を深めていくことができます。あまり難しすぎることもないので、福祉に関心があれば勉強も楽しいと感じられるのではないかと思います。きちんと事前に勉強をしておけば絶対に合格できます。頑張って下さい。