一般財団法人日本福祉力検定協会公式サイトがオープンしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

深谷会長写真(お知らせ用)
日本の揺るぎない社会福祉を確立する
日本の場合、社会福祉の大部分は家族が担ってきましたが、家族のつながり方そのものも変化し、良き日本の伝統ともいうべき近隣、地域の相互扶助も希薄になって、政府に多くを求める傾向が一段と強くなってきています。
しかし、財政問題を考えると、全てを政府が担うことはできません。生活上何らかの支援や介護を必要とする人たちのために何ができるのか、まさに国民挙げて考え行動する時代になったと痛感します。
大事なことは、一人一人が福祉の心と福祉の力を持つことだと思考します。
当会の趣旨はこうした考えを元に、福祉力検定を通じて見識ある人材をつくりあげ、日本の揺るぎない社会福祉を確立することにあります。

                                                 一般財団法人 日本福祉力検定協会 会長 深谷隆司

淵上理事長(お知らせ用2)
慈愛に満ちた社会を目指して
当財団は、共生社会の実現のために、多くの国民の方々に福祉の心と福祉の力を身に着けていただくための学びの仕組みをつくるべく、日本福祉力検定協会を設立いたしました。
是非とも多くの方々にご理解とご協力を賜り、そして、この学びの仕組みへご参加いただきますよう、心よりお願い申しあげます。
この福祉力検定を通じて、日本が若い世代にとって活力を持って生きられる福祉社会となり、そして生きる力の弱い人たちが生まれてきてよかった、生きてきてよかったと思えるような慈愛に満ちた社会になることを心より祈り、私からの御挨拶とさせていただきます。

                                               一般財団法人 日本福祉力検定協会 理事長 淵上貫之

http://www.fukken.or.jp/about/index.html