ロボットの種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉の分野でのロボットに注目が集まっている理由に、「少子高齢化による労働力の減少や作業負担の軽減への対応」「製品やサービスの質や生産性向上の必要性」「日本のロボット技術レベルの高さ」が挙げられます。

特に産業用ロボットの分野では、すでに製造現場での生産に利用されており、日本の産業用ロボットの稼働台数はトップシェアを誇っています。

この産業用ロボットの基幹技術をサービスロボット(生活支援や社会参加に役立つロボット、医療・福祉・介護ロボット、防災ロボット、教育ロボットなど)へ応用する動きが出てきています。